印刷物

印刷検査装置を導入すれば効率化と品質アップが期待できます

SITEMAP

印刷物検査業務を楽にできる印刷検査装置の導入がおすすめ

大型の印刷機械

自社で使う資料を社内のプリンターで印刷する程度であれば、印刷物の品質もほどほどで済む場合が殆どでしょう。しかし、プロの印刷会社として、外部の企業から受注してリーフレットや冊子印刷など、部数の多い印刷物を扱っているなら、品質への要求水準も当然高くなるでしょう。印刷機を使ってプリントするとはいえ、印刷には細かなミスがつきものです。それを目視によって確実に見つけるには限界もありますし、チェック漏れの恐れもあります。印刷物の品質検査をもっと楽にできる方法がないか検討中の企業担当者の方は、印刷検査装置の導入を考えてみてはいかがでしょうか。印刷検査装置を使うことで、印刷時によく発生する文字欠け、レイアウトのずれ、更にはインクによる紙面の汚れなどを自動的に発見できるようになります。印刷検査装置を使って印刷物検査を行うことによって、目視チェックの負担を大幅に軽減できるため、業務に要する時間短縮、ひいては人件費の削減も実現できます。また、印刷検査装置を使うことで印刷不良を発見する精度も上がり、その分従来よりも品質のいい印刷物を依頼者に納品できるようになるでしょう。扱う印刷物の数が多く、品質管理に要する膨大な手間暇に悩んでいるなら、是非、印刷検査装置を使ってみましょう。

印刷検査装置にはどんな強みがあるのか

印刷検査装置の導入を考えているけどどんな強みがあるのか具体的に知りたい、そんな企業担当者の方のためにいくつか印刷検査装置の導入による強みをご紹介していきます。
まず1つ目はやはり、印刷物の検査にかかる時間が格段に短くなるという点です。
そもそも印刷検査装置を導入しなければ、印刷物の検査は基本的に人間がすることになります。
そうなると人件費がかかる上に時間もかかってしまうので、時間を短縮できてさらにコストも抑えられるというのは、印刷検査装置の大きな強みの一つと言えます。
次に挙げられるのは、細かな印刷不良も発見できる事です。
今までは気が付かなくて見逃してしまっていたような細かな印刷不良も、印刷検査装置の導入によって、きちんと発見できるようになるのです。
これによりほぼ確実に印刷不良を見逃すことが無くなります。
さらに、印刷検査装置が印刷物の検査を行うことで業務量の改善にも繋がり、社員ひとりひとりが無理のない業務量にする事ができるというメリットもあります。
このように、印刷検査装置には様々な強みがあります。
これまで人が印刷物検査を行ってきたという企業も、ぜひ印刷検査装置の導入を考えてみてはいかがでしょうか。

印刷検査装置の導入による効果とメリット

印刷物の印刷不良の検査についてお悩みの企業担当者の方におすすめしたいのが、印刷検査装置です。
しかし、印刷検査装置を取り入れることでどう変わるのか、印刷検査装置には何ができるのか、具体的にわからないことには検討できないかと思います。
そもそも印刷検査装置にはなにができるのかについてですが、印刷検査装置はその名の通り印刷物の印刷不良を楽に検査できる装置です。
そもそも、毎日大量の印刷物を刷るような企業の場合、出来上がった印刷物に不備がないかきちんと点検する必要があります。
これまでは、その印刷物の検査をすべて人間が目視で行なっているという企業も多かったはずです。
しかし人による検査は時間も人件費がかかりますし、何より確実ではありません。
その点印刷物検査装置は、生産ラインに搭載することによって、今までは見逃していたような小さな印刷不良も発見してくれます。
しかも、人が検査するよりもずっとスピーディーなので、検査にかかる時間を短縮する事ができるのです。
以上のように、印刷検査装置の導入によるメリットというのは非常に大きいです。
なので、毎日の印刷物の検査が必要な企業には、ぜひこの印刷検査装置の導入がおすすめです。

article

カラフルな紙

印刷検査装置を使えば簡単に印刷物の検査ができる

印刷会社などの、毎日印刷機を使用して大量印刷物を刷る企業の場合、大変なのが印刷物の検査です。大量の印刷物の一つ一つに不備がないか確認していくのは、かなりの手間です。さらに、印刷物…

MORE
梱包された印刷物

印刷物のチェック作業の負担を減らしてくれる印刷検査装置

出版物は店頭などに流出されるまでに印刷ミスや汚れなどの不良がないかをチェックする必要があります。印刷部数が少ない物であれば手動で確認することも不可能ではありませんが、非効率的ですし精度もなかなか…

MORE

update post

SITE MAP